中央競馬予想 東京/中山/札幌/函館

競走馬研究委員会

予想

函館記念の予想

更新日:

函館記念の枠順が発表されました。当日は良馬場の想定。例年どおり中間枠が有利で、スタート後にいい位置をとれそうな馬から勝負してみたいと思います。

◎カウディーリョ
札幌、小倉、中山と小回り2000mで好走する器用なレースができるタイプ。先行してよし、抑えてもよしと競馬センスも高いため、今回もうまく立ち回れば好走必死です。馬番5番という絶好枠を引き、スタート直後の好位置キープから直線勝負だけで着内とみています。平坦コースなので終いは必ず伸びてくれると思い本命にします。

〇バイオスパーク
どこの競馬場でも、どの馬場条件でもそれなりに走れる馬。さらに言うと洋芝も問題なくソツなく走れるタイプ。前走は都大路Sだったので福島参戦と思っていましたが、函館のほうに登録してきました。重賞組と勝ち負けしている上に、斤量が-1kgと有利なので競走クラスは上がりますが、展開さえ向けばここでも好走できると思います。

▲レイエンダ
藤沢厩舎3本の矢の総大将。内枠を引いてしまったので、先行してだらだらと消耗戦に持ち込むのではないでしょうか?スタートと展開に注文はつきますが、このメンバーなら簡単に負けられないところ。前走のエプソムCが負けすぎという感じがしますが、再度ブリンカー着用なので大きく変わってくる可能性あり。ルメール×藤沢厩舎という勝利の方程式で重賞2勝目もありそうです。

△ニシノデイジー
2歳時にはクラシック候補の扱いを受けていた実力馬。4歳になり古馬重賞クラスの競走にエントリーしては負け。古馬重賞クラスの壁が高く、伸びあぐねている印象です。ダービーでは、サートゥルナーリア、ダノンキングリーといった一線級と好勝負しているので、ここらへんでキャリアアップしたいところ。鞍上も勝浦ジョッキーに戻って好勝負です。

×プレシャスブルー
前走の新潟大賞典ではブラヴァスに先着。小回りが得意で、時計がかかる展開ならしぶとく走れる強みがあります。前半~後半ともイーブンペースで上がり35.0秒程度になるならチャンスあり。昨年の札幌WASJのような走りができれば期待大です。

☆レッドサイオン
前走の巴賞はスローペースだったことが敗因でした。今回は距離延長で、それなりのペースになりそうなので差し届く展開もあります。考察で説明した、巴賞から臨戦してくる好走馬の条件にピタリとはまります。今までより相手が相当強くなっているので、頑張ってどこまで届くか?岩田ジョッキー腕の見せ所です。

他の候補馬の取捨についてですが、トーラスジェミニは巴賞と同斤量で距離延長。巴賞のように簡単にはいかないと思います。昨年2着のマイネルファンロンは先行馬の外枠ということで展開不利。ベストアプローチは長期休み明けで5月に戻ってきたばかりで準備不足とみています。

◎.5.カウディーリョ
○.2.バイオスパーク
▲.1.レイエンダ
△.13.ニシノデイジー
×.12.プレシャスブルー
☆.9.レッドサイオン

馬連BOX
5 = 2= 1 = 13
三連複フォーメーション
5 、2 ― 5、2、1、13 ― 5、2、1、13、12、9

-予想
-, ,

Copyright© 競走馬研究委員会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.