中央競馬予想 東京/中山/札幌/函館

競走馬研究委員会

予想

アイビスSDの予想

更新日:

週末の新潟競馬場の天気は「曇り or 雨」の予報。それほど強い雨の予報ではありませんが、良馬場での開催は微妙なところです。少し降って稍重程度でしょうか。タイムは54.5秒~55.0秒程度でしょうか。良馬場であれば54.0~54.5秒での決着と見て予想してきます。

◎ライオンボス
新潟1000m王者のライオンボス。少し時計がかかる状況も味方すると想定して本命視します。57.0kgの斤量で早い時計が出しにくい展開が予想されましたが、天気に救われました。今回のメンバー構成では先手を取ってレースを支配できそう。絶好枠を引いて勝機十分です。

〇ゴールドクイーン
もともと芝短距離で活躍していたスピード馬。3歳時の葵Sで徹底先行し、ラブカンプーをものともせず完封勝利しています。また、2年前の北九州記念で逃げた時の1000m通過タイムが54.9秒と秀逸。馬体重450kg台の馬なので、バテてしまえば急減速する点は不利ですが、直線なので減速せず粘り切れるとみて対抗に取り上げます。

アユツリオヤジ
前走は芝へ転戦した初戦にもかかわらず、5馬身差のぶっちぎり勝利。荒れぎみの稍重福島で好走しました。ハナを切って逃げたのが勝因と思われます。今回のメンバーではハナは難しそうですが、枠はそれなりのところを引いたので、前走くらい走れれば好勝負できそうです。

△ジョーカナチャン
韋駄天Sでは、ライオンボスに交わされて2着でしたが、改めて直線1000mでの適正を証明しました。度重なる故障で辛酸をなめてきましたが、成長し馬格もでてきてパワフルな走りができています。今回は斤量+1.0kgとなりますが、休み明け2戦目の勝負気配。厩舎サイドの努力が実ることを期待しています。

×ダイメイプリンセス
一昨年のアイビスSD覇者。勝ったタイムがレコードにコンマ1の53.8秒。差し脚質でこれだけのタイムが出せることから、能力は相当のものがあると見込んでいます。近走はいまひとつの成績で、年齢を感じさせるレースも多くなりましたが、個人的にお世話になった経緯も考慮して印をつけておきます。

☆ラブカンプー
前走は見事な復活劇。斤量が51.0kgと恵まれ、ブリンカーの効果が出た1戦となりました。昨年のアイビスSD出走時の調教では、脚はバタバタ、首もガクガクと、とても走れる状態とは思えない内容でしたが、今回は調教VTRで復調がハッキリ見てわかります。調子自体は一昨年2着の時に近いようです。あとは斤量だけなのですが、当馬は54.0kg以上の斤量で入着なし。ここでは連下まで。

天候状態があいまいで馬場状態がはっきりしていないため、良馬場、稍重と考慮する幅を広げた予想になってしまい申し訳ありません。稍重ならライオンボスが本命、良馬場ならゴールドクイーンがやや有利とみています。ゴールドクイーンはやや穴っぽい人気となってますので、軸にするのであればワイドも一考です。

◎.13.ライオンボス
○.14.ゴールドクイーン
▲.11.アユツリオヤジ
△.9.ジョーカナチャン
×.8.ダイメイプリンセス
☆.2.ラブカンプー

馬連フォーメーション
13、14 ― 13、14、11、9
三連複フォーメーション
13 、14 ― 13、14、11、9 ― 13、14、11、9、8、2

-予想
-, ,

Copyright© 競走馬研究委員会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.