中央競馬予想 東京/中山/札幌/函館

競走馬研究委員会

予想

関屋記念の予想

更新日:

今週から3場開催に戻ってきました。新潟競馬場へ入場再開とのニュースもありましたが、残念なことに取り止め。またしばらくPAT投票が続きそうです。今週も無観客開催で、あとは天気が気になるところ。その天候ですが、いまひとつハッキリしない曇り~雨になりそうです。馬場状態は良~稍重の想定としますが、内枠は稍重~重に近い馬場になると想定して予想しました。

◎グルーヴィット
昨年の中京記念を勝利した後は、気性面の問題なのか思うように成績が出ませんでした。2走前の高松宮記念からブリンカーを装着したところ、33秒台前半の上がりを連発しています。ここ2走は勝利とまではいきませんが、ともに0.3秒差負けという成績。今回メンバーの有力どころである、プリモシーン、クリノガウディーには中京記念で先着している実績もありますので、ちゃんと走ってくれさえすれば楽勝と見ています。

クリノガウディー
高松宮記念の降着さえなかったらGⅠ馬だったのでしょうが、いまだに重賞未勝利馬のまま。やや時計がかかる展開のほうが向いているという点では、今回の新潟コースの荒れ具合にはピッタリでしょう。横山ジョッキーがどのように乗ってくるのか気になるところですが、後方でポツンとならないかぎり掲示板、展開しだいでは逆転までありそうです。

▲トロワゼトワル
中京記念は馬場に泣かされブービー賞。先の記事の考察どおりに「中京記念は参考外でよし。」として戦績を見てみると、京王杯AHで勝利、ヴィクトリアMも4着と好走。ともに逃げて粘りこむスタイルですがなかなかのしぶとさを発揮しました。今回は対抗する逃げ馬がいなさそうなのでマイペースに持ち込めそう。さすがに新潟マイルの逃げ切りは難しいでしょうが、馬場状態しだいでは一発あるかも。

△プリモシーン
2018年に3歳で関屋記念を勝利し、昨年は関屋記念にはエントリーなし。2年ぶりに関屋記念に出走してきました。走法はサウスポーということもなさそうなのですが、なぜか成績が左回りマイル戦にかたよっています。前走はヴィクトリアMでアーモンドアイに敗れましたが、上がりはしっかり33秒台。今回の新潟開催で乗れている福永ジョッキー騎乗で好走を期待します。

×アストラエンブレム
関屋記念で勝ち負けするには持ち時計がやや物足りないのですが、左回りは得意分野。前走はスローペースでしたが上がりもまずまずでした。過去10年で6回も入着している北村宏ジョッキーも心強い味方。他の有力馬が取りこぼしをするようであれば入着の可能性もあります。いろいろな意味で恵まれないとキビシイとは思いますが若干の期待を持ってヒモ候補にします。


予想プロセスはラップを重視したため、中京記念組はバッサリと切ってしまいました。中京記念組で買えるのは、逃げ馬のトワゼトワルのみと見ています。展開はトロワゼトワルが逃げてペースを作り、有力馬が中団あたりごちゃごちゃしそうな気配。以上で想定するとペースはスローに近いミドルペースで、前目の位置から上がりが使えるタイプに展開の利がありそうです。アンドラステはもう少し外枠が欲しかったところ、サトノアーサーは切れ味不足という点で印をつけませんでした。頭数が多いので、オッズ見合いでワイドで勝負しても十分と思います。

◎.16.グルーヴィット
○.11.クリノガウディー
▲.18.トロワゼトワル
△.1.プリモシーン
×.6.アストラエンブレム

ワイド
16 ― 11、16 ― 18、16 ― 1
馬連
16 ― 11、16 ― 18、16 ― 1、16 ― 6

この記事がいいな!と感じたらクリックお願いします!

-予想
-, ,

Copyright© 競走馬研究委員会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.